にっしょうへいきんや時価総額など株式用語不明の人は

最近は株式市場の話題が多く、興味を持っているという人も増えてきています。
しかし、実際に株式市場のことというのは投資をしてみないとわからないことばかりでよく耳にする日経平均株価であったり、時価総額という言葉も意味もよくわからないという人は少なくありません。

中には日経平均株価のことをにっしょうへいきん株価と間違って覚えているという人もいるかもしれませんが、これらの言葉というのは特に難しいものではないのでひとつひとつ覚えていくことで、株式市場の話題などを理解することができるようになります。
まず、日本の株式市場の状態を示す指標であり、また日本の経済状態をはかるにもよく用いられる日経平均株価ですが、これは日本の株式市場を代表する中心となる銘柄の平均の株価のことであり、主力の株価を元にしているだけに市場全体の動向をはかる指標として非常にわかりやすいものとなっています。
全ての株に対応しているわけではありませんから、万能な指標というわけではありませんが、目安にするにしては非常に有用な指標となっています。

次に時価総額ですが時価総額というのは、その企業が発行する株式にその時の株価をかけたものであり、企業の規模を示す指標となります。
もちろん時価総額がそのまま企業の価値を表すというわけではなく、実際にそれだけの株を売り出すことになればたちまち値は暴落してしまうので、単純にそれだけの価値があるということにはなりませんが、これもその企業の規模や将来性や期待性などを図る指標のひとつとしては非常に便利なものであり、企業の比較をするのに便利なものとなっています。

このように株式市場における用語というのは、一見難しそうであっても至ってシンプルなものが多くなっているのです。